車の買取査定をするときに気になるのが交渉です。

自分にできるのだろうか?どうやったらいいのだろうか・・・

なんて不安に思っている方も多いようです。

そこで今回は簡単な交渉術を紹介したいと思います。

まず交渉の基本になる部分ですが、自分の希望額は絶対に初めに伝えてはいけません。

その金額が買取業者の想定よりも高かった場合にはそれほど問題はありませんが、
もし低かった場合には足元を見られることになります。

自分が提示した価格から上がることがなくなってしまうのです。
特に買取相場についてあまり知らない場合は要注意です。

そういう場合は一括査定サービスを利用するなどして、
複数社に査定を依頼しどの位が相場なのかを把握する必要があります。

そして、その査定結果を元に交渉を始めます。

上位3社位を買取の候補として、
2番目、3番目に高額をつけてくれた買取業者に1位の査定額を提示し、
それ以上高くならないかを交渉します。

これなら実際の値を元に交渉していますので、
買取業者も相場からかけ離れた価格を提示できなくなります。

めちゃくちゃ格安で買取されてしまうことがなくなります。

そして、2、3番目の買取業者が1番目の買取業社よりもさらに高額を提示してくれたなら、
その査定結果を持って1位だった業者に交渉します。

これを繰り返すことで限界近くまで車の査定額を跳ね上げることができます。

相場を知らずに挑んでしまうと、相場の半額以下を提示されても
分からないので契約してしまうんです。

非常に重要な点なのでしっかりと意識しておいてください。
車買取相場は必ず知っておかないといけません。