2013-07-02_024750

車の買取査定の価格を高額にしたいなら、汚い状態で査定に出すのはよくありません。

基本的には汚くても、綺麗でも買取後にキレイに洗浄するわけですが、汚い場合にはあまり高額にならない可能性が高くなります。

というのは、まず印象があまりよくないからです。あまりキレイに乗っていないということはいろんなところにほころびが出てくる可能性があるということです。

また、車がきたないと傷などがよく見えないので、査定士が必要以上に車を検査することになります。結果としてより多くの傷が見つかったりすることになり査定額が下がりがちになります。

こういったことを避けるためにも査定の前には洗車をしておきましょう。

次に必要な書類などが揃っているか確かめましょう。例えば保証書や取扱説明書、整備手帳などです。これらは普通は車の中にあると思いますので、実際にあるかどうか確認しておきましょう。また、書類ではありませんが、車載工具も必要ですので探しておきましょう。もしこれらがない場合には減額になる可能性があります。

最後に、カスタムしているとすれば純正のパーツは用意しておきましょう。カスタムはお金をかけてやっているのでカスタムしていると高額査定を得られそうな気がしますが、実際には安くなります。一般層に受けないという事のようです。だから純正のパーツがあれば減額されずにすみます。

これら3点が車の買取査定を受ける前にしておくとよい車の手入れになります。