車買取とか下取りとか良く耳にしますが、その違いってご存知でしょうか?

どちらかというと下取りの方が有名で、たいていの方は下取りをメインで行われているような気がします。

下取りとは
新車を購入するときに今乗っている中古車をディーラーが引き取ってくれるサービスのことです。

車買取とは
車買取の専門業者が中古車を買取してくれることです。

一見大差は無いようにみえますが、実は大きな違いがあります。

下取りの場合はディーラーさんはそれほど真剣ではありません。というと少し語弊があるかもしれませんが、ディーラーさんの本業は新車を売ることです。その一環のサービスとして中古車を下取りしてくれます。もちろん下取りでも利益を得ている訳ですから全くやる気がないというわけではありません。

買取業者の場合は買い取ることが本業です。買取ができないと本業が成り立たないんです。だからこそ買取ことに本気だし高額で買取してもらえやすくなります。

どちらも交渉次第なところはありますが、一般的には買取の方が高額になると言われています。

おそらく多くの方は買取について知らないと思います。ディーラーさんに新車を買いに行ってそのついでに下取りしてくれるからなんとなく新車からの値引き額が大きくなったような感じがしてそのまま決定してしまいます。

もちろんその値が妥当であればそれがベストだと思いますが、多くの方が相場観を持っていませんのでその言い値が相場とあっているのかがわからないんですよね。

買取業者の場合には多くの買取業者が存在しているから、何社か見積を入手すればそれなりに相場観は身につけられてきます。

ここでお伝えしたかったのは、下取りだけではなくて車には買取という手段もあるんです、ということです。